日本の偉人

陰陽師・安倍晴明は意外にも遅咲きだった!その伝説に迫る

初めましてer00と申します。猫と本をこよなく愛しています。文章に拙い所が多々あると思いますが、最後まで目を通していただければ幸いです。今回は平安の時代を生きた陰陽師、安倍晴明について紹介します。

 

安倍晴明イントロダクション!

平安時代に活躍した陰陽師の名は、安倍晴明。母が白狐だという晴明には、数々の伝説がある。

平安時代に活躍した陰陽師の名は、安倍晴明。母が白狐だという晴明には、数々の伝説がある。
実は陰陽師として晴明は遅咲きで、40歳の頃、彼はまだ天文学博士の見習いだった。

出世は遅れたが晴明は村上天皇に、占いを命じられるほどの技量で、その優れた才能は貴族に認識されていた。

50代で天文博士となり、陰陽頭に就任できなかったが、それに匹敵する能力は十分あった。賀茂保憲の逝去後、晴明は表舞台で、めきめき頭角を現し出す。

冷泉天皇の第一皇子、師貞親王の命令で彼は、那智山の天狗を封ずる儀式を行った。深刻な干ばつが起こり、勅命を受けた晴明は、五龍祭(雨乞いの祭り)を執行。見事に大雨を降らせ、飢饉から平安の人々を救ったのだ。

陰陽師になった時点で年だったが、そこから昇進していった彼は負けず嫌いである。晴明の魅力は才能だけでなく、苦労と努力をしていた所だ。

  • 謎大き晴明の出生地
  • 陰陽道は何か、陰陽師の仕事とは?
  • 晴明の努力と輝かしい遺業

以上のことを中心に安倍晴明に迫りたい。

 

安倍晴明の生涯と人柄

1)安倍晴明の生誕、その時代背景

国風文化が栄えた頃の日本は遥か昔。延暦13年、桓武天皇が都を京都に移し、平安時代が幕を開けた。貴族達は華やかに暮らし、逆に庶民は質素な暮らしを送っていた。

晴明は延喜21年に生を受けた。彼の出生地には諸説があり、大阪説、讃岐説、茨城説の3つ。最も大阪説の摂津国阿倍野が有力だ。

名前の読み方は「せいめい」と確定しておらず、「はるあき」や「はるあきら」ともいう。それはさておき、様々な媒体の中で安倍晴明は、強くも摩訶不思議な陰陽師として描かれてきた。実際呪術を用いて妖怪を退治したかは、定かではないが、謎が大い男なのは確かだ。

晴明には数々の伝説があり、「葛の葉伝説」は広く知られる。

ある日、安部保名は信太の森の神社でお参りをしていた。狩人に追われる白狐を助けたが、獲物を奪い返そうとした狩人により怪我を負う。

その後、保名の元に美しい娘が現れ、彼女は葛の葉といった。葛の葉の介抱により、保名は元気を取り戻す。

葛の葉こそ保名に助けられた白狐。白狐は恩に報いる為、姿を女に変えていたのだ。

そして、心が通じ合う仲となった二人は、結婚をして夫婦になる。やがて子が誕生し、童子と命名された。童子とは晴明の幼名である。

晴明は人と狐の血を引く、稀有な存在だった。のちに母の正体が白狐だと童子が気づき、共に暮らせなくなった葛の葉と別れがくる。これが「葛の葉伝説」であった。

史実だと晴明の系図は不確かで、安倍益材の子、もしくは安倍春材の子、阿倍仲麻呂の子孫とされる。

晴明の少年期から青年期の記録は無に等しい。賀茂忠行が彼の師匠にだったとされている。賀茂忠行は鬼を見る事ができた、晴明の才能に惚れ込み、陰陽道を教えた。

そもそも陰陽道とは何か。陰陽道は中国の陰陽五行説が基礎だ。

「陰陽説」と「五行説」を組み合わせたものを陰陽五行説と呼ぶ。

陰陽説

まず「陰陽説」の説明をしよう。

陰には月や女、陽には太陽や男など、対極する2つの性質がある。

事象は陰と陽で成り立ち、一つでは成り立たない。

五行説

「五行説」では木、火、土、金、水の5つに気が類別される。その要素の働きにより、万物が変化していくと考えられた。

因みに「陰陽説」は性質を表し、「五行説」が状態を表している。陰陽五行説は陰陽道という日本独自の要素を含めて発展した。

陰陽師は陰陽道を駆使して、天候や物事の吉凶を占う。病気平癒を祈り、災いを退ける役目を担った。当時の陰陽師は国家公務員の待遇。彼等は国の行事に関わっていた。

日本の律令制によれば、陰陽寮は中務省に属する役所。晴明自身も所属した。

陰陽頭という長官の下には、陰陽道を教える「陰陽博士」や天体や気象を観測した「天文博士」に、暦の作成を行う「暦博士」達が在籍していた。平安時代に陰陽師は欠かせない存在だった。

2)安倍晴明は遅咲きの陰陽師だった。その人生後半は

天暦2年、晴明は大舎人になった。実は陰陽師として晴明は遅咲きである。平安時代の平均寿命は三十代前後。40歳の頃、彼はまだ天文学博士の見習いだった。

出世は遅れたが晴明は村上天皇に、占いを命じられるほどの技量。その優れた才能は貴族に認識されていた。50代で天文博士となり、陰陽頭に就任できなかったが、それに匹敵する能力は十分あった。

賀茂保憲の逝去後、晴明は表舞台での存在感が増す。冷泉天皇の第一皇子、師貞親王の命令で彼は、那智山の天狗を封ずる儀式を行う。師貞親王とは後の花山天皇の事であり、彼から信頼を得た。

60代の頃、朝廷や貴族の元で大活躍し、名高い評判を自分のものにする。それ以降の昇進は目まぐるしかった。

正暦4年2月、一条天皇が急病した際には、なんと禊で病を治してしまう。

寛弘元年7月、深刻な干ばつが起こり、勅命を受けた晴明は、五龍祭を執行した。見事に大雨を降らせ、飢饉から平安の人々を救ったのだ。

寛弘2年9月26日、安倍晴明が死没した。享年85歳、死因は分かっていない。晴明のお陰で安倍氏は陰陽道の権威を確立させ、栄えていった。

安倍晴明から学ぶ3つのこと

晴明は天才だが努力家

晴明に才能があったのは事実だ。晴明は人の過去や前世を見抜き、嘘か真か他人の感情まで操作できた模様。彼の優秀なイメージは一部にすぎない。

晴明が頭角を現し始めたのは、年を取ってから。若い時も才能があったが彼は、陰陽道の腕を磨き続けた。

天才でも努力を怠らず、真面目に陰陽師として役目を果たした。

楽をして名声も名誉も得られない。晴明は陰陽道の腕を磨き、実力で成り上がった。彼の苦労はきっと報われたはずだ。

現代人にはすぐ諦めてしまう傾向がある。弱音を吐かず、晴明のように向上すべきで、努力はした分だけ為になる。苦にも負けない精神が必要不可欠なのだ。

晴明の諦めない心

晴明は私に努力だけでなく、忍耐、諦めない心の重要性を教えてくれた。

晴明は遅咲きだったが、陰陽師の職に就く事ができた。それは日々努め励み、忍耐を鍛え、何よりも諦めなかったからだ。

もし断念していたら、晴明は陰陽師になれていなかっただろう。彼は努力が実を結ぶと証明した。

私は陰陽師がきっかけで、安倍晴明を知る事ができた。彼に憧れを抱く者も多い。私もその一人に含まれている。

私は晴明の諦めない心に影響を受けた。私の経験だが受験の時、望みを捨てず、勉強をして志望校に合格できた。その経験を経て、努力を欠かしてはいけないと、より一層思うようになった。

諦めたら、そこで終わりだ。諦めなければまだ道はあると、晴明から学び、今も心の奥に残っている。

忍耐があれば困難に立ち向かえ、私も彼の精神を忘れず、粘り強く生きている。

晴明の偉大さ

晴明は生前に「私は1000年後にまたこの世に蘇る」と言っていた。平成17年9月26日に1千年期の祭典が晴明神社で行われ、晴明等身大銅像が披露された。

銅像だけでなく、晴明という人格は別でも彼は、現代の創作物の中で生きているといえる。彼は未来で蘇る事を実現させてしまったのだ。

もし、安倍晴明が平成の世にいたなら、ずばずば当てる占い師になっていそうだ。彼に占って貰いたいような、やめておきたいような複雑な気持ちになる。

どんなに時が経っても晴明は、依然として、人々の心を魅了し続けている。そんな大陰陽師は凄いとしか言いようがない。

元より彼は歴史に名を残すつもりだったのだろう。彼は目先に囚われず、過去より未来を見ている。

安倍晴明が当時としては、異例な長寿を全うできた理由は、健康に気を使っていたからだ。短命でなかったのは、彼の行いがよかったのか、はたまた神にさえも認められた、男だったのかもしれない。

安倍晴明ゆかりの地・観光地

京都の観光地として有名なのは、「晴明神社」だ。
一条天皇は晴明の死を悼み、尊い遺業を称えた。晴明が稲荷神の生まれ変わりであるとし、彼の屋敷跡に晴明を崇める神社を建てた。

晴明神社は魔除けや厄除けにご利益がある。境内の随所に施される社紋の五芒星が特徴的だ。

晴明神社には、いくつかスポットが存在する。「晴明井」や「厄除桃」に「御神木」だ。

「晴明井」は晴明の念力で湧き出させた井戸である。病気が治るとされ、水は飲む事が可能だ。

「厄除桃」は桃の形をしている。

陰陽道では、桃は魔除け、厄除けの果物とされる。桃を撫でれば厄を移す事ができる。

「御神木」の樹齢は300年で、触れるのは自由。昔、楠は虫除けに使う樟脳の材料だった。

他にも式神石像や尊厳たる本殿、見所がある。晴明神社を訪れれば、大陰陽師が自ずとパワーを分け与えてくれそうだ。

安倍晴明が式神を住まわせていた、「一条戻橋」を見に行くのもいいだろう。

私は晴明が陰陽師に、なるべくしてなったのだと考える。晴明の伝説は彼の人柄やすばらしい功績により、生まれたのだった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です